ハロウィンに渋谷に来ていた人たちはどんな人たちなのかデータで見える化してみた

Posted by 鷹野寛之 on 2019/07/09 8:15:00

 私たちは日々の業務でエリアの分析をして、効率的な販促や、どのようにそれを実施していくかのサポートをさせていただいております。その知見を「ちょっとみんなが気になるテーマ」に合わせて、編集をした記事がこちらの記事なります。今回はハロウィンをテーマにエリア分析を活用して、その日に起きていたことを見える化してみました。

別視点でハロウィンを分析した記事:ハロウィンのとき渋谷に来ていた人たちはどこから来ていたのか

別視点でハロウィンを分析した記事:折込チラシのタイトルをテキストマイニングしてみた~ハロウィン編~

 エリア分析の切り口のなかでも、GPSを使って、そこに来ている人がどのような人なのかを見える化するツールを今回は使っています。

 どのように数値化するのか

 今回使っているツールは、スマホのGPSからその場所に来ている人がどういった属性で、どんな時間に来街しているのかが分析できるツールです。こちらの切り口では、店舗に来ている人の属性を見える化して、店頭づくりやMDに役立てたり、販促の効果を測定するときには使っているものです。あくまで匿名化されたデータですので細かくOne to Oneに役立てられるわけではありません。私たちの集計のノウハウにより分析、課題抽出、その課題に合わせた具体的な販促アクションをご提案しています。

 

新国立競技場の建設期間の滞在人口

 例えば、上記のデータは、新国立競技場の建設現場周辺で一定期間における滞在者を出したデータです。7:00くらいから業務が始まって、17:00頃には終了するようなことが多かったんでしょうね。男女比で見ると圧倒的に男性が多くなっています。

 私たちは課題ありきで、いろいろな切り口でデータを活用し課題を見える化しています。今回は、その切り口を見た抱くために、例として「渋谷のハロウィン」をテーマに設定しました。要件としては「渋谷のスクランブル交差点周辺、半径100m圏」で、「30分以上滞在した人(勤務者・居住者を除く)」たちについての集計となっています。

 ハロウィン当日の渋谷の交差点の盛り上がりを時間軸で数値化

 ハロウィンといえばここ数年盛り上がっているのが、渋谷のスクランブル交差点でのお祭り騒ぎです。ハロウィン当日の渋谷の街の動きをデータ化してみました。2018年10月24日(水)と、10月31日(水)の比較です。まずは滞在人口全体の数字です。

渋谷の滞在人口分析

 10月31日と24日に比べると、24日の方が少し出足が遅め。17時ごろから人が増えるのは変わりませんが、ハロウィン当日は21時頃にピークを迎えていたようです。確かにその時間帯はスクランブル交差点も大混雑だったかもしれません。

 

渋谷の交差点周辺に来ていた人の性別は?

男女比

 性別は、24日と比べると31日の方が男性の比率が高かったようです。女性が多いような印象がある渋谷の街ですが、ハロウィンの当日は男性の比率が高くなっているようですね。。

 

ハロウィン当日の渋谷の交差点周辺に来ていた人の年代は?

 渋谷は若い人が多い街と言われていますが、報道の映像を見ても、全体的にあの場所にいた人は若い人が多かったように見えます。ではデータで見てみるとどうでしょうか。

時間帯別年代

 このデータからは大きく2点見えることがあります。1点目は、20時以降について特に20代30代が通常より大きく数を伸ばしていること。2点目は全体での数は増えているのですが、50代60代は通常時とほとんど変わらない、もしくは時間帯によっては数が少なくなっているということです。(17時に少し60代が多いのは、もしかすると、混む前に少し集中したせいでしょうか?)

 いろいろと騒ぎが起き、規制や対策が必要という見方もありますので、今年も同じようなことが起きるのかはわかりませんが、人混みを避けたい人は特に20時以降は渋谷駅周辺を通る方は気を付けた方が良さそうです。

 JRの切符売り場に行列ができていた事象から、「ハロウィン当日は、あまり渋谷の来る機会がない人も渋谷に集まっているのではないか」という推論を立てている人がいました。その推論についてもデータで分析してそのうちまとめてみたいと思います。

 こういったツールを使って、わたくしたちはエリアや店舗での課題抽出に向き合っています。分析の切り口、この記事の感想などあればお気軽にご連絡をいただけたらと思います。

新規CTA

販促計画を立てる際のお役立ちツール!

弊社NO1人気資料!

「販促カレンダー」をお配りしています。

 企業が消費者に向けて新商品をリリース際にも便利。また、お店でセールを行ったり、広告戦略を行ったりなど、販促活動を行う際に、季節の行事や、その時期のデータなど、適切なタイミングで情報発信をするための参考情報が記されたカレンダーです。近年は、SNSの投稿ネタとしても、活用いただいています。資料が必要な方は下記よりお申し込みください。

下記から送信してください

最近の記事